2016年9月入荷の記事一覧 | ウイングの制服買取日誌

愛徳学園の制服(夏)

兵庫県神戸市にある私立女子校の制服です。

160927-2

愛徳学園中学校・高等学校(夏)

【セット内容】
ジャンパースカート(ベルト付)
長袖ブラウス

【サイズ】
ジャンパースカート:13号 胴周74cm 総丈106cm
ブラウス:肩幅40cm 胸周100cm 袖丈54cm

夏制服は、修道院のシスター服を模したジャンパースカートに白いブラウスを組み合わせます。この清楚なデザインは、カトリック・ミッション・スクールらしい雰囲気を醸し出しています。

特記事項としては、ジャンパースカートの左胸に名札を付けていた痕があります。その他については、とても状態が良く、とくに目立つ傷や汚れはありません。

また、冬服につきましては、こちらの愛徳学園の制服(冬)をご確認ください。

タグ

愛徳学園の制服(冬)

兵庫県神戸市にある私立女子校の制服です。

160927-1

愛徳学園中学校・高等学校(冬)

【セット内容】
ワンピース(襟・ベルト付き)
コート・帽子
スクールバッグ×2(合革・ナイロン)

【サイズ】
ワンピース:肩幅40cm 胸周100cm 袖丈55cm 総丈106cm
コート:14号 肩幅43cm 胸周104cm 袖丈54cm 総丈101cm

制服は、修道院のシスター服を模した大きな襟が特徴の紺のボックスワンピースで、正面をスナップ留め、付属のベルトで腰を締めます。また、白い丸襟はボタンで取り外しができます。この清楚なデザインは、カトリック・ミッション・スクールらしい雰囲気を醸し出しています。その他に付属品として、リボンの付いた可愛い帽子、丸い金ボタンが特徴のコートもあります。

特記事項としては、スクールバッグにやや使用感があります。その他については、とても状態が良く、とくに目立つ傷や汚れはありません。

また、夏服につきましては、こちらの愛徳学園の制服(夏)をご確認ください。

タグ

関東第一高校の制服(冬・中間・夏)旧

東京都江戸川区にある私立高校の旧制服です。

160926-1160926-2

関東第一高等学校(冬・中間・夏)旧

【セット内容】
ブレザー・長袖ブラウス
冬青系チェックスカート(正装)
冬赤系チェックスカート(副装)
夏チェックスカート・カーディガン(紺)
リボン×2(青・赤)・ネクタイ

【サイズ】
ブレザー:170 肩幅45 胸周110 袖丈58
スカート:各W63-69cm 丈54cm
長袖ブラウス:肩幅45 胸周112 袖丈56
カーディガン:L

制服は、2015年度から新しいデザインになりました。こちらの制服は旧型です。旧冬服は左胸にKの刺繍が入った紺ブレザーとグレー地に青系チェック柄スカートの組合せで、胸元にはストライプ柄のリボンを付けます。オプションとしてスカートは赤系のチェック柄、リボンも赤系のストライプ柄があります。また、女子は男子と同じネクタイの着用も認められています。

特記事項としては、ブレザーの襟胸元と腰ポケット付近に若干の色あせ、ブラウス襟にやや擦れと所々に小さな薄い染みがあります。その他については、状態が良く、とくに目立つ傷や汚れはありません。
※半袖ブラウスは付属していません。
※こちらの制服は、やや大きめサイズです。

タグ

跡見学園高校の制服(夏)旧

東京都文京区大塚にある私立女子校の旧制服です。

160920-2

跡見学園高等学校(夏)旧

【セット内容】
長袖ブラウス
ジャンパースカート・ベルト
ソックス(白)

【サイズ】
ジャンパースカート:胸周94 腰周86 総丈91
ブラウス:肩幅42 胸周98 袖丈21

跡見学園は、1875年に神田猿楽町において、「跡見学校」として開校。中高完全一貫教育を行っており、高校からの募集は若干名の帰国生のみ。また、日本人が設立した私立女子校としては日本で最も古く、一番初めに制服を制定した学校でもあります。「ごきげんよう」の挨拶発祥の学校としても有名で、漫画「はいからさんが通る」のモデル校にもなりました。
制服は、1875(明治8)の開校当初は「はいからさんが通る」でも描かれている紫の袴(はかま)を着用。1930(昭和5) には洋装校服が制定。それ以来受け継ぐ伝統の制服は、紺の3つボタンのシングルジャケットにジャンパースカートの組合せでしたが、2016年度より、創立140周年を期に、廣川氏デザインの新しい制服になりました。こちらの制服は旧高校の制服です。旧夏服は、ジャンパースカートと半袖ブラウスの組み合わせで、ベルトのバックル形状が大変ユニークで特徴がありました。ジャンバースカートは着物のデザインが基になっています。

特記事項としては、ジャンパースカートの胸元に若干の毛羽立ちと正面腹部にやや擦れ、ベルトにサイズ直し痕があります。その他については、とても状態が良く、とくに目立つ傷や汚れはありません。

また、冬服につきましては、こちらの跡見学園高校の制服(冬・中間)をご確認ください。

タグ

跡見学園高校の制服(冬・中間)旧

東京都文京区大塚にある私立女子校の旧制服です。

160920-1

跡見学園高等学校(冬・中間)旧

【セット内容】
ブレザー・長袖ブラウス
ジャンパースカート・ベルト
セーター(紺)・校章・学年章

【サイズ】
ブレザー:肩幅43 胸周108 袖丈53
ジャンパースカート:胸周94 腰周86 総丈91
ブラウス:肩幅42 胸周98 袖丈53
セーター:L

跡見学園は、1875年に神田猿楽町において、「跡見学校」として開校。中高完全一貫教育を行っており、高校からの募集は若干名の帰国生のみ。また、日本人が設立した私立女子校としては日本で最も古く、一番初めに制服を制定した学校でもあります。「ごきげんよう」の挨拶発祥の学校としても有名で、漫画「はいからさんが通る」のモデル校にもなりました。
制服は、1875(明治8)の開校当初は「はいからさんが通る」でも描かれている紫の袴(はかま)を着用。1930(昭和5) には洋装校服が制定。それ以来受け継ぐ伝統の制服は、紺の3つボタンのシングルジャケットにジャンパースカートの組合せでしたが、2016年度より、創立140周年を期に、廣川氏デザインの新しい制服になりました。こちらの制服は旧高校の制服です。旧服は、ベルトのバックル形状も大変ユニークで特徴がありました。胸には大きな白い桜の校章も付きます。

特記事項としては、ブラウスの左袖に小さな薄い汚れ、セーターの所々に複数の引っかき傷、ベルトにサイズ直し痕があります。その他については、とても状態が良く、とくに目立つ傷や汚れはありません。

また、夏服につきましては、こちらの跡見学園高校の制服(夏)をご確認ください。

タグ

【古物商表記】
(株)ウイング
東京都公安委員会許可
第304360208074号