大分東明高校の制服(冬・中間)[15.5/4] | ウイングの制服買取日誌

大分東明高校の制服(冬・中間)[15.5/4]

大分県大分市にある私立高校の制服です。

大分東明高校の制服

大分東明高等学校(冬・中間)

【セット内容】
ブレザー・長袖ブラウス
スカート・セーター(紺)
コート・指定タイツ(黒)
スクールバッグ(合革)

【サイズ】
ブレザー:MT 肩幅44 胸周104 袖丈58
スカート:W66-72cm 丈56cm
ブラウス:L
セーター:L
コート:M

大分東明高校は、昭和29年に「大分平松高等学校」として開校。その後中学校も設置されましたが、昭和37年に、中学校は「向陽中学校」に、高校は「大分東明高等学校」にそれぞれ校名変更されました。中高一貫教育。学校法人平松学園が運営。
制服は、世界的にも有名なデザイナー、コシノヒロコさんデザインによるもの。デザイン変更当初から、大分県ではお洒落でかわいい制服の学校として定評がありました。冬服は、細身の襟なしブレザーに、ブラウスの大きな襟を出すスタイル。また、ブレザーの両袖口と首廻りから合わせに、ゴールドの2本ラインが入っているのが特徴で、両ポケットのラインがクルンとしているのもワンポイント。シンプルながらも、遊び心があって、細部にまでデザイナーの思いが存分に受け取れる、大変個性的な制服です。

特記事項としては、スカートにやや色あせ、セーターの数か所に小さな引っかき傷、スクールバックに若干の使用感があります。その他については、とても状態が良く、とくに目立つ傷や汚れはありません。
※こちらの制服はトールサイズ(背の高い大きめサイズ)です。

また、夏服につきましては、こちらの大分東明高校の制服(夏)をご確認ください。


制服の買取や売買のお問い合わせはお気軽に!
◎ウイング
TEL:03-5330-1424 (11:00~21:00/年中無休)
メールはこちら

◎ご依頼はインターネットからも承っております。
【PC】制服買取専門店 ウイング
【携帯】制服買取専門店 ウイング


タグ

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する





»
«

【古物商表記】
(株)ウイング
東京都公安委員会許可
第304360208074号